高いレバレッジは、投下資金の投資効率を高めます。

しかし、ハイレバレッジと聞くと思い起こすのが、ロスカットの恐怖です。

個人向けの不動産融資のメリットとして、毎月のローンきえきちんと返済している限り、物件価格が下落して、「ローン残債>物件売却可能額」という担保割れの状態となってもロスカットされることがないという点に注目できます。

そしてこれは、景気の悪い時でも不動産の投げ売りが少ない理由でもあります。

ファンドが起こす借入には、コベナンツ条項という銀行との約束条項が付いている場合が多く、その場合、物件価格の下落などにより強制的に手仕舞いしなければならなくなるケースもあるのですが、一方で、個人ではそのようなことはありません。

物件価格の時価評価をせず、価格が下落しても返済を迫られないのは、個人投資家だけに認められた特典です。

また、借入比率を高めることによりIRRも上がります。
特に、低金利の状況下では、他人資本で投資効率を高めることができる絶好のタイミングなのです。

なぜなら、景気が良い時は、不動産価格の上昇見込みを他人資本で狙うことができ、景気が悪い時は、低金利で調達した資金を、相対的に利回りの高い不動産投資で運用して、その差益を取り続けることができるためです。