銀行融資システムの想定は、ローンの全期間中において、その物件から継続的に使用収益が上がり、それを原資に借入金の返済を行うことと、ローンの返済がなされなかった場合でも、債務者に物件を現金化させて残債を返済してもらうことです。

ですから、現在は使用収益が上がっていても、10年後には更地にして地主に返さなければならない借地や、20年後にいまの建物が朽ち果てた後、再建築ができない制限のある土地に建つ建物、さらには、土地の価値を評価できないために将来的な価格評価の難しい区分所有物件などは、将来的な価値の見えない物件、すなわち将来価値をゼロとして保守的に計算せざるを得ない物件という見方をせざるを得ません。

ですので、そのような物件に対してはなかなか融資は出ません。

基本的に、いわゆる完全な所有権のみが融資対象になると考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です