何度も言うように、物件の購入は、コンビニでお菓子を買うのとは訳が違います。一生に人によっては数度しかない大きな大きな買い物ですので、繰り返し繰り返し上に上げたチェック項目をしっかりと確認しておく必要はありそうです。実際に購入した後にもチェックする項目は複数あります。代表的なものとしては、リフォームが挙げられます。リフォームは、収入と比べて収入以上に費用がかかることもありますが、センスの良いリフォームをしてしまうと入居者が絶えないといった物件をあなた自身が作り上げることも十分に可能です。このような時に役立つのが、店舗デザインのホームページなどです。こういったものから、内装の色や質感のセンスを学んでおくことも良いでしょう。要するに、他の物件にはない、独自の個性を部屋に取り入れることで、多少値段が高くても入居してくれる人は多いはずです。これとは対照的に、リフォームに大失敗してしまうと空室を作りかねませんので初心者の方は特に気をつけましょう。最後にも触れますが、不動産投資の最も大きなリスクは、融資を得られないことでもなく、保証人が見つからないことでもありません。では、何が最大のリスクなのでしょうか?それは「部屋が埋まらない」ということです。何度も言うように、不動産投資は、部屋に入居した人が、家賃を払うことでそれがあなたの収入になります。そもそも入居者がいない場合は、収入が「0」のままなのです。この類のリスクヘッジには、物件を購入してから行うのでは、あまりにも遅すぎます。それでも、物件を購入してからでも、間に合う方法としてはリフォームが挙げられるでしょう。つまり部屋の内装を変えてみるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です