例えば、床に畳が敷かれていたり、ボロボロの障子が貼ってあったりする場合には、それらを張り替えて、無垢の木目が見える状態のフローリングにしたり、思い切ってカラフルなガラスで彩った障子にするなど、おしゃれに変化を加えることで、住みたい人の気分も明るくすることができますからお勧めします。他にも、現金的発想ですが、家電や家具を、入居者に無料でプレゼントするといったサービスも入居者にとっては魅力的に映るようです。具体的には、お湯を沸かすポットや、電子レンジ、掃除機と言った日常に欠かせない家電を入居祝いとして、プレゼントすることで、特に若い女性などには喜んでもらえそうです。初期投資に加えて、このような費用はかなり痛手となることは十分わかりますが、空室を埋めるという目的に従って考えるとすれば、すぐに元は取れると考えられそうです。物件を運用するためには、とにかく誰かに利用してもらう必要があるということはおわかりいただけたでしょうか?昔のように場所、立地さえよければ必ず人は入ると言う考え方は、この際にしっかりと捨てておきましょう。最近は、テレビなどでもよく取り上げられていますが、物件の中で交流を深めるために交流会を開いたりするところもあるようですし、多種多様な物件事情が広がっていると言えそうです。ともかく、あなたはあなた自身が思いつく限りのアイデアをのびのびと使ってこの不況下の不動産投資を行っていく必要があります。そのためにも、創意工夫が必要になるわけで、このようなアイデアは案外不動産投資とは全く関係のない分野で身に付くことがありますから、普段から見聞知識を広めるために街中を歩いてみたりすると、新しい発見や工夫が浮かぶかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です